| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • Work with all your cloud files (Drive, Dropbox, and Slack and Gmail attachments) and documents (Google Docs, Sheets, and Notion) in one place. Try Dokkio (from the makers of PBworks) for free. Now available on the web, Mac, Windows, and as a Chrome extension!

View
 

funeral_attack

Page history last edited by mura 9 years, 6 months ago

御堂岡啓昭の通夜襲撃事件(会社役員S氏襲撃事件)

 

2008年、御堂岡啓昭がC社(回線販売のベンチャー企業)の役員S氏の親族の葬儀に押しかけ、S氏を殴打した事件。刑事告訴されて有罪判決が下った。罰金刑だがこれで御堂岡啓昭は前科一犯となった。

 

事情通氏の解説によると、――

御堂岡被告は当時、「某ベンチャー企業の事業本部長」を自称していたが(「あるぜ君」に登場参照)、実際には役員どころか社員でもない、単なるアルバイトだった。

一介のバイトにすぎない御堂岡が、経営陣の内紛に便乗しようとして役員S氏のmixi日記に誹謗中傷や恫喝的文言を書き込み、名誉毀損などで被害届を出されたため、逆恨みして犯行に及んだ――

ということである。(ソースは2ちゃんねる)

 

 


参考資料

 

Beyond氏(民事訴訟の原告)による御堂岡被告逮捕の報

 

2008年11月22日(土) ■御堂岡啓昭によるプライバシー侵害訴訟、第3回期日のお知らせ


(前略)

さて、第2回期日は、20席以上ある傍聴席がほぼ満員になるという盛況ぶりでしたが、なんと被告は裁判を無断欠席しました。御堂岡被告の素晴らしい答弁振りを期待して見に来てくれた方も、肩透かしを食らってがっかりです。

 

で、欠席した理由ですが、どうも10月16日に警視庁本所警察署に別件で逮捕され、拘留中であったためらしいです(裁判は22日)。それなら出てこれないのも仕方ありません。とはいえ、たとえ逮捕されていたとしても、接見にきた弁護士や知人を通じて、裁判所に連絡することくらいは可能ですから、御堂岡被告の不誠実さが分かります。

(後略)

 

 

 

Beyond氏(民事訴訟の原告)による刑事裁判の情報

 

2009年5月8日(金) ■御堂岡啓昭による個人情報暴露事件の控訴審のご報告です


(前略)

しかし、何の資格も持ってない人物に、そういった依頼を行うのはトラブル解決どころか事件化することにしかなりませんから、大変危険です。というのも、御堂岡啓昭は、自身が管理本部長をつとめていたというベンチャー企業で、取締役が交代した際に従業員の待遇が悪くなったということで従業員を代表して交渉に行ったそうなのですが、交渉の場で傷害事件を起こし、一審で求刑通りの有罪判決を受けているからです(2009年3月26日判決)。

 

その事件の内容も、被害者(交渉に行った取締役)の妻の父親が亡くなった通夜が行われている最中に斎場に赴き、事実上、通夜を仕切っていた被害者を呼び出した上で、「オマエが会社を乗っ取ったんだ」と喚きながら殴ったという、まったく非常識極まりないものです。被告人である御堂岡啓昭は公判で、「話を聞いてくれないので、通夜の場に行けば交渉が出来ると思った」「殴っていないし、会って数分で帰った」「私は空手をやっているので、体が触れただけで相手は2メートル吹っ飛び大怪我をする。しかし、大怪我をしていないので殴ったという証拠は無い」「医師の診断書は、自傷して作った虚偽のもの」などと主張していましたが、そもそも通夜の場に交渉に行くこと自体が意味不明であり、そのような交渉方法でトラブル解決が行えるはずが無いことは明らかです。

 

ちなみに、御堂岡啓昭は、自身の刑事裁判すら30分以上遅刻し、今回の民事裁判でも無断欠席や遅刻を繰り返すなど、裁判手続きというものを全く尊重していません。また、民事訴訟の敗訴後も、自身のブログ等で当方の親族の名前を書き連ね、「(原告の主張は)裁判長に却下と言われ続けていた」「延々とアホアホな訴訟が続いちゃう」「10年誹謗中傷を繰り返している中傷マニアの異常性が裁判で認められたため、両親の意向通り和解を進めています」などと虚偽の情報の書き込みを行い誹謗中傷を繰り返しています。

(後略)

 

 

 

簡裁で有罪判決

 

【東京簡判H21.3.26】御堂岡啓昭被告人★30【実刑】


平成21年(西暦2009年)3月26日木曜日午後1時15分から

東京簡易裁判所刑事第2室第1係第534号法廷で

御堂岡啓昭被告人による会社役員襲撃事件の刑事裁判

(平成20年(ろ)第1277号傷害被告事件)の判決公判が開かれ、

武内晃裁判官は佐久間英也検察官の求刑通り

御堂岡啓昭被告人に罰金20万円の実刑判決を言い渡しました。

 

東京簡易裁判所判決平成21年3月26日(東京簡判平21・3・26)

 

 

 

高裁でも有罪となり最高裁に上告

 

無職でぶこと 御堂岡啓昭被告人兼債務者★33


1 名前:無職のインターネットプランナー[] 投稿日:2009/08/04(火) 13:13:19 ID:9bs/jDS10

御堂岡啓昭被告人が、罰金20万円の実刑判決を根に持ち上告したことが明らかになった。

7月30日付で訴訟記録などの書類が最高裁判所に送られ、

第三小法廷に係属し、平成21年(あ)第1308号の事件番号が付けられた。

 

 

 

襲撃事件以前に御堂岡が2ちゃんねるで嫌がらせ工作?

 

北芝健が御堂岡啓明=御堂岡啓昭被告人を追うスレ★17


104 名前:名無しピーポ君[] 投稿日:2010/05/15(土) 19:00:00

http://qb5.2ch.net/saku2ch/kako/1224/12241/1224177412.html

 

> 1 名前: 佐藤●● 投稿日: 08/10/17 02:17 HOST:123.230.5.247.er.eaccess.ne.jp<8080><3128><8000><1080>

>

>対象区分:[法人/団体]管理人裁定待ち

>削除対象アドレス:

>http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/net/1222239159/l50

>

>削除理由・詳細・その他:

>私の名前と会社を実名で記載するレスがある。

>書込みをしているものは、御堂岡啓昭とその仲間と思う。

>

>傷害等含めて告訴しました結果

>10/16 本所警察に逮捕されました。

>

>書込みを削除願います。

 

 

 

襲撃事件の背景説明

 

ネット関係 [ネットwatch] “【インターネットテロリスト】御崎の兄。こと御堂岡啓昭被告★23”


745 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![] 投稿日:2008/09/23(火) 18:04:30 ID:0HgD/DtE0

コミュニケーションズは渋谷にある回線販売会社。

会社実態はなく、NTTの上位代理店としての口座があるだけ。

チラシを撒いて、反響の電話で営業をするわけだが、現場は二重丸という会社に丸投げだった。

 

結局、利益の配分や泉が何もしないことが原因でモメて、問題が起こる。

二重丸の社長、つまり現場責任者の石丸はコミュニケーションズの役員でもあったが、重大な背任行為に走る。

コミュニケーションズへ問い合わせのあった顧客に対して、自分の別の会社で契約して売上計上していることが発覚。

これに対して泉は会社のキャッシュを全て口座から下ろして失踪するという暴挙に出る。

 

この背景には泉が仕事を全くせずに、口だけ出し、利益を掠めていくことへの不満があった。

泉は頻繁に自分の利益の配分率を引き上げるように主張していた。

笑止なのは泉はmixi上でパートナーを勧誘しているのだが、起業を支援するような甘言を繰り返すものの、実際には無知な若者にフルコミッションを持ちかけているだけ。

それで成功哲学らしきことを書き散らしているから、物笑いの種になっていた。

 

因みに泉は以前から回線営業の仕事をやっていたが、トラブルが多かった。

不正契約でコミッションの返還請求を起こされたり、2次代理店には難癖をつけて、コミッションを払わなかったりということがあった。

 

 

746 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![] 投稿日:2008/09/23(火) 18:22:25 ID:0HgD/DtE0

背任の石丸、持ち逃げの泉とどっちもどっちの状況の中で泉が泣きついたのが、旧知の経営者であるITSコミュニケーションの佐藤。

とりあえず仲裁には入って、利益と経費の配分を納得させた上で和解に至る。

泉と石丸が決裂した結果、現場のスタッフは誰も泉についていかなかった。

mixiでは泉は代表を下りたと格好つけているが、総スカン食った挙句、自分の会社の代表すら下ろされたのが真相。

 

因みにミドは昨年、コミュニケーションズに「アルバイト」として雇われ働いていた。

役員でも株主でもなければ、一般社員ですらない。

 

何を勘違いしたか、佐藤の介入に対して「会社乗っ取りだ!」と騒ぎ出した。

単なる「アルバイト」の戯言と黙殺されると、やがて逆ギレ。

佐藤の日記には根拠なき誹謗中傷を執拗に書き込み、自宅に押しかけるだの、100万円払えだのと難癖をつけはじめる。

会社のお家騒動(というほどの立派な会社ではないが)に乗じて、いい顔をしたかったのと、あわよくば顧問だ、役員だという夢を見て、小金が懐に入ると思ったのだろう。

 

mixi上でのやりとり、名誉毀損や威力業務妨害での被害届提出があった後、事件が起きた。

佐藤の親族の通夜になぜかミドが現れ、罵詈雑言を浴びせた挙句、殴打するという暴挙に出たのである。

際には猫パンチにも及ばない豚パンチであり、周囲に人が集まってくると、ミドはさっさと逃走するが、被害届は提出済み。

 

コミュニケーションズ自体は中国人留学生が起こした会社であり、泉が引き継ぐにあたって、少々問題はあった模様。

ミドはそこにつけこもうとしていた。

 

747 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー![] 投稿日:2008/09/23(火) 18:29:33 ID:0HgD/DtE0

佐藤は泉と石丸の手打ちに際してコミュニケーションズの役員になっている。

マルチ商法ではなく小規模の不動産投資や融資ブローカーなどをやっている。

 

 

 

 

Comments (2)

Delta said

at 11:07 am on Oct 2, 2011

概要が作成できたら資料の引用は最低限のもののみ残して削除する。
(被害者の氏名は伏字にしてある。)

mura said

at 3:19 pm on May 16, 2012

資料は時系列順に並べ直してそのまま残しておくよ。

You don't have permission to comment on this page.