| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • Dokkio Sidebar (from the makers of PBworks) is a Chrome extension that eliminates the need for endless browser tabs. You can search all your online stuff without any extra effort. And Sidebar was #1 on Product Hunt! Check out what people are saying by clicking here.

View
 

damage_lawsuit

Page history last edited by mura 10 years, 2 months ago

御堂岡啓昭による個人情報暴露事件裁判

 

2008年8月、「悪徳商法?マニアックス」管理人のBeyond氏がプライバシー侵害で御堂岡啓昭を訴え、2009年1月、東京地裁は御堂岡被告に損害賠償を命じる判決を下した。

 

この裁判は、匿名掲示板2ちゃんねるにBeyond氏や氏の親族の個人情報が書き込まれる嫌がらせが行なわれたため、Beyond氏が2ちゃんねるとプロバイダ(OCN)に開示請求を行ない、書き込み者を御堂岡啓昭と特定して訴えたものである。

 

傍聴者の証言によれば、御堂岡被告は「事務所(=被告の自宅)に出入りする誰かがやった、自分はやってない」と無実を主張しつつ「書き込みは公益に適うもので正当性がある」と主張したため、裁判長から「他人が書き込んだと弁明するならなぜ書き込みの正当性を繰り返し主張するのか? 他人ではなくあなたがやったのではないのか?」と叱責される場面があったという。

 

Beyond氏によれば、控訴は棄却され一審判決が確定したが、御堂岡被告はまだ賠償金を支払っていない。

 

 

 


参考資料

赤字の強調は引用者による。)

 

 

2008年8月26日(火) ■著名なインターネットプランナー「御堂岡啓昭」氏を訴えました&緊急カンパのお願い


著名なインターネットプランナーである「御堂岡啓昭」氏が、2ちゃんねるに当方の住所や親族一覧の住所と言った個人情報を掲載し当方のプライバシーを侵害すると言った嫌がらせを行っていたため、8月8日、損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。

 

参考: インターネットプランナー御堂岡啓昭(PDF)http://www.aruze.com/company/column/aruzekun/2008/290.pdf

 

これは、2ちゃんねるおよびOCNからの発信者情報の開示を受けてのものです。これまで、2ちゃんねる管理人の西村博之氏を訴えた裁判は多数ありますが、実際に嫌がらせを行った本人を訴えたものは珍しいかと思います。私としては、このような嫌がらせ投稿の一義的な責任は書き込んだ本人にあると思います。しかも、御堂岡氏は実名を出して平沢勝栄・衆議院議員のパーティを開いたり、自身のブログも持っているにもかかわらず、裏では2ちゃんねるの匿名性を利用してプライバシー侵害を行うなど、その責任は極めて大きいものだと言わざるを得ません。

 

また、御堂岡氏は、これとは別に、8月17日に当方の実家をアポ無しで突然訪問し(「今、家の前に居ますから入れてください」と電話を掛けてきたらしい)、「アラキ工務店」や「松永英明」氏の名前を出した上で、「息子さんのサイトを削除するように」などと要求してきています。御堂岡氏は、松永英明氏からの「要求事項」なるものを持参し、それによると「松永英明への批判および、批判をしているページへのリンクは一切禁止する。サイトも削除せよ」ということのようです。当方の元には、なんら通知は来ていないのですが、いきなり無関係の親族の元を訪れサイトの閉鎖を要求するなど、異常としか言いようがありません。

 

もし仮に、何か主張があるのだとしても、正当な手段によってのみ主張すべきなのであって、2ちゃんねるに個人情報をばら撒いたり、親族を人質に取るような形で実現をはかるのは、言論に対するテロリズムです。

 

参考: 【Google八分】アラキ工務店から、クレームが付きました

参考: 松永英明氏より、はてなブックマークに対して発信者情報開示請求がありました

 

まあこういうのは、無関係な人に嫌がらせして、心理的圧力を掛けるのが常套手段なのでしょう。当然、このことが親族の間で問題となっており、悪マニ始まって以来の閉鎖の危機に直面しております。

 

もちろん、こちらとしては正攻法で対応し訴訟を行うということになります。しかし、それには多大な費用と時間が掛かります。そこで、サイトへのカンパをお願いするとともに裁判の情報をお知らせするために「御堂岡啓昭から、悪マニを守る会」http://www.a902.net/midooka/ のページを作成いたしました。よろしければ、カンパ&ご入会をお願いいたします。

 

さて、悪マニでは、これからも幅広く消費者問題に関する事柄を取り上げて行きたいと考えております。ブログを開設することが普通になった今、悪意を持つ者に対する問題は普遍的なものになっていくかと思います。この裁判が、そういった者への抑止力となるような判決となるよう、全力を尽くして行きたいと考えております。どうか皆様からの暖かいご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

 

御堂岡啓昭から、悪マニを守る会 http://www.a902.net/midooka/

【追記】 御堂岡氏が、また新たにブログを開設し誹謗中傷を行っています。ブログの内容は事実に反するものでありプライバシーを侵害するという目的の元に開設されたことは明らかですので、聡明なる皆様におかれましては、彼のブログをリンクして、当方へのプライバシー侵害を拡大させることなど行わないよう、お願いします。

 

 

 

2008年9月3日(水) ■御堂岡啓昭によるプライバシー侵害訴訟について


著名インターネットプランナー御堂岡啓昭によって当方の個人情報がばら撒かれた事件についての第1回口頭弁論は、9月17日13時50分から、東京地裁705号法廷にて行われます。

(後略) 

 

 

 

2008年10月17日(金) ■御堂岡啓昭によるプライバシー侵害訴訟、第2回期日のお知らせ


自称「ネットプランナー」の御堂岡啓昭なる人物が、私や私の親族の住所氏名一覧と言った個人情報を2ちゃんねるに投稿したこと、に対する損害賠償請求訴訟の第2回口頭弁論が、2008年10月22日(水) 13時20分から、東京地裁705号法廷にて行われます。

(後略) 

 

 

 

2008年11月22日(土) ■御堂岡啓昭によるプライバシー侵害訴訟、第3回期日のお知らせ


私や私の親族に対する嫌がらせを行っていた、自称「ネットプランナー」の御堂岡啓昭を訴えた裁判の第3回口頭弁論が、11月26日の午後1時半から、東京地裁705号法廷で行われます。被告は、書面の中で「松永英明(*1)から送られてきたmixiのメッセージを持って、悪マニ管理人の実家に行った」などと主張し、松永英明からのメッセージを証拠として提出しているのですが、それと「2ちゃんねるに個人情報を書いた」ことの関連性が全く分かりません。書面は全体として何を言いたいのか意味不明で、今後、どのような展開になるか全く未知数です。ぜひ、傍聴と応援のほどをお願いします。

 

さて、第2回期日は、20席以上ある傍聴席がほぼ満員になるという盛況ぶりでしたが、なんと被告は裁判を無断欠席しました。御堂岡被告の素晴らしい答弁振りを期待して見に来てくれた方も、肩透かしを食らってがっかりです。

 

で、欠席した理由ですが、どうも10月16日に警視庁本所警察署に別件で逮捕され、拘留中であったためらしいです(裁判は22日)。それなら出てこれないのも仕方ありません。とはいえ、たとえ逮捕されていたとしても、接見にきた弁護士や知人を通じて、裁判所に連絡することくらいは可能ですから、御堂岡被告の不誠実さが分かります。

 

逮捕と言えば、私や私の親族に嫌がらせを行っていた探偵業・奥平明男も別件で逮捕されましたが、奥平を訴えていた裁判では書類をほとんど出してこずに無意味に長引きました。親族に嫌がらせを繰り返すような人物は、得てしてそういう人となりなのかも知れませんね。裁判くらいは、きちんと対応してほしいものです。

(後略)

 

※御堂岡被告が本所警察署に逮捕された件については御堂岡啓昭の通夜襲撃事件(会社役員S氏襲撃事件)を参照。

 

 

 

2008年12月13日(土) ■御堂岡啓昭によるプライバシー侵害訴訟が、終結しました


私や私の親族に対する嫌がらせを行っていた、自称「ネットプランナー」の御堂岡啓昭を訴えた裁判の第3回口頭弁論が11月26日に開かれ、結審しました。たった3回、実質2回というスピード裁判です。こういうのは裁判が長引けば、それだけで苦痛なのですが、あっと言う間に終わってよかったです。ひとえに皆様の貴重なご支援があってこそです。大変感謝しております。判決は、2009年1月21日の予定です。

 

 

 

 

悪の最新情報 - 悪徳商法?マニアックス

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/topic/topics2009.html

 

 

2009年2月16日(月) ■個人情報をネットに掲載した御堂岡啓昭に全面的に勝訴しましたが、控訴しました


弁護士でもないのに「ネット上のトラブル解決業」を自称している「御堂岡啓昭」なる人物に対し、当方のプライバシーを侵害していたとして損害賠償を求めていた裁判の判決が2009年1月21日に行われ、御堂岡啓昭の主張がことごとく退けられる勝訴判決が出されました。損害賠償金額は、12万円と裁判所が認定した金額としては史上最高額レベルですが、このような著しく低い金額では全く抑止力にならない「やり得」を生むことにしかなりませんし、個人情報を晒された精神的苦痛を慰謝するのには全く足らないため、東京高裁に控訴しました。

(中略) 

参考リンク:

御堂岡啓昭から、悪マニを守る会 http://www.a902.net/midooka/

裁判資料の一部は、こちらの会員向けページで公開しております。判決もアップしました。 

 

 

 

 

2009年5月8日(金) ■御堂岡啓昭による個人情報暴露事件の控訴審のご報告です


有名ネットプランナー(※)を自称している「御堂岡啓昭」なる人物が、匿名の影に隠れ、当方や当方の親族一覧を2ちゃんねるに掲載していたことに対する裁判の控訴審が、4月22日に行われ、即日、結審しました。いつも多大なご支援をくださっている皆様には、ご報告が遅れまして大変申し訳ありません。仕事が忙しいわパソコンが動かなくなるわで、ご報告が出来ませんでした。事後報告になったことを、お詫び申し上げます。

(後略)

 

 

 

2009年7月22日(水) ■竹村龍二という人に訴えられた訴訟第2回口頭弁論のお知らせ


(前略)

なお、御堂岡啓昭による個人情報暴露事件の控訴審は、控訴が棄却され、一審勝訴(御堂岡被告は、原告に対して12万円支払え)が確定しました。ちなみに、まだ支払われていません。

 

 

Comments (2)

Delta said

at 10:43 am on Oct 2, 2011

事件概要が作成できたら資料引用は必要なもののみ残して削除する。
(悪徳商法?マニアックスの過去ログがあった beyond.2log.net は今は消えているのでリンクに注意。
資料内のリンク www.a902.net は生きている。)

mura said

at 3:53 pm on May 16, 2012

資料は時系列順にならべ直して、残しておく。

You don't have permission to comment on this page.