| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • Dokkio Sidebar (from the makers of PBworks) is a Chrome extension that eliminates the need for endless browser tabs. You can search all your online stuff without any extra effort. And Sidebar was #1 on Product Hunt! Check out what people are saying by clicking here.

View
 

Toshiba_Claimer_case

Page history last edited by Delta 9 years, 2 months ago

東芝クレーマー事件


事件の概要

1999年、東芝のビデオデッキを購入したユーザーA氏が製品の修理依頼をしたところ、東芝側の対応が暴言を吐くなど暴力団まがいの応対であったとして、経緯や電話応答の録音音声を「東芝のアフターサービスについて」と題する自身のウェブページでリアルオーディオ形式で公開した。これがインターネット内外で大きな話題となり(問題のウェブサイトは瞬く間にアクセス数1000万件を突破した)、東芝不買運動へと発展した。特に東芝側担当者の

「お宅さんみたいのはね、お客さんじゃないんですよ、もう。クレーマーっちゅうのお宅さんはね。クレーマーっちゅうの」

という発言は頻繁に取り上げられ、「クレーマー」という言葉を広めるきっかけにもなった。 また東芝はユーザーが対話に応じないために司法判断に委ねるとして、ウェブページの一部差止めを求める仮処分を申請したが、司法的手段を敬遠する日本的風潮と相まって更に批判が強まり、不買運動を加速させた。一方、解決の見えない要求を続ける同ユーザーに対する非難も多く寄せられたが、最初はユーザーに好意的な報道を行ったマスメディアがほとんどで、ユーザーに批判的な報道を行ったのは週刊文春のみであった。「ホームページ事件真相スクープ―東芝に謝罪させた男は名うての「苦情屋」(クレーマー)だった!」と題する記事を掲載した週刊文春に対しては、ユーザーが名誉毀損で刑事告訴している。


東芝クレーマー事件 - Wikipedia

 

事件と御堂岡啓昭の関わり

 

1999年6月東芝暴言事件のAKKY氏に接触、東芝批判をはじめる
1999年7月上旬東芝事件がマスコミに登場、AKKY氏に嫉妬した緑川の言動が異様に変化
1999年7月中旬「強制捜査 in 秋葉原BBS」にて緑川らしき人物がオウムショップ擁護発言を連発
1999年7月下旬「悪徳商法?マニアックス」掲示板で荒らし行為を繰り返す
同上緑川がAKKY氏に執拗ないやがらせをしていたことが発覚
1999年7月31日緑川、ガセネタ連発を理由に「強制捜査 in 秋葉原」に出入り禁止及びリンク停止
1999年8月緑川「悪徳商法?マニアックス」掲示板に出入り禁止
緑川、狂気の軌跡から引用。)

 

 

論文でも言及されている御堂岡啓昭の嫌がらせ行為

(3)Akky氏への嫌がらせとセルフガバナンス


(a) 最後に、インターネットをフル活用して有名となり、東芝に対してはともかくも謝罪を引き出したAkky氏に対しては、数々の嫌がらせが寄せられた。本人のいうには8000通を越える中傷メールが届いたという。そして東芝問題を考える数々の掲示板が開設され、Akky氏のサポートの動きも盛んであったが、これらの掲示板にはいわゆる「掲示板荒らし」ともいうべき無意味低劣メッセージの連続書き込みなどが続いた。またAkky氏を中傷する掲示板などへの書き込みには東芝社内のコンピュータから発信されたものもあったという。マスコミやメールマガジンなどのライターも相手の都合を考えない取材は当たり前として、Akky氏の個人情報を漏らしたものもあったという。そして御堂岡となのる人物は、自らのウェブや掲示板にてAkky氏の誹謗、自首せよなどという発言、実名の掲示などを繰り返し行っていた。


 ネットワーク上で実名などの個人情報が暴露されれば、ネットワーク外でもおもしろ半分で電話をかける者や嫌がらせをする者が現れ、Akky氏の生活に大変な損害を与える。それを承知で誹謗中傷等を繰り返す者たちは、前に述べた隣人訴訟の時代からそのような幼児性から抜け出せない者が多数存在することは現実であって、必ずしもネットワーク利用者に限ったものではない。また必ずしも匿名でそのような行為をすると限ったものでもないが、確信犯的な小児病患者は別として、匿名で書き込みができる環境が助長していることは否定できない。


東芝クレーマー事件の問題の核心 亜細亜大学法学部助教授 町村泰貴
(1999年8月5日)



外部リンク

Comments (0)

You don't have permission to comment on this page.