| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • You already know Dokkio is an AI-powered assistant to organize & manage your digital files & messages. Very soon, Dokkio will support Outlook as well as One Drive. Check it out today!

View
 

FrontPage

This version was saved 12 years, 10 months ago View current version     Page history
Saved by Delta
on September 15, 2011 at 5:30:55 pm
 

 

ネットストーカー回虫

「回虫」とは御堂岡啓昭の2ちゃんねるにおける愛称。ネットの寄生虫という意味だと誤解されているが、元々は「御崎の兄」というハンドルネームから「兄」→「兄さん」→「兄さんキモス」→「アニサキス」→「回虫」と発展・定着したものである。

 

御堂岡啓昭

御堂岡啓昭(みどおか ひろあき、1969年12月16日生まれ)は1997年頃から活動しているネットの問題児。長年に渡りネット上で問題行動を起こしてきたため「掲示板荒らし」、「ネットストーカー」、「クレーマー」という評価が定着している。

 

 

概要

中央大学在籍中の1997年~1999年頃、ANSOC(ウェブサイト上の架空団体)の代表を自称し、東芝問題に関する掲示板を「掲示板荒らし」によって閉鎖に追いやった。1998年、インターネット弁護士協議会(ILC)のメーリングリストで悪質な誹謗中傷活動を行ったため、総会決議によって強制退会させられている。

ANSOC時代については時系列 ANSOC時代参照。

東芝問題での暴走が追及されて一時ネットから姿を消したが、2003年頃復活。ネクシィーズ問題のまネコ問題ことのは問題、2ちゃんねる閉鎖騒動(2007年1月)等々、ネットで耳目を集める問題に次々顔を突っ込み、余計なトラブルを起こしている。

2005年ののまネコ問題ではmixiおよび2ちゃんねるで大暴れしたため2ちゃんねるに多数のスレが立った。ネットウォッチ板の専門スレは現在(2011年6月)も継続している。

2006年9月、日本コンピュータクラブ連盟理事長・山本隆雄氏を訪問し、「現在は、クレーマーから企業防衛して、企業からお金をもらう仕事をしている」と近況を語った。※1

 

2008年3月中旬、アルゼ広告「あるぜ君」に「インターネットプランナー 御堂岡啓昭」として登場。

2008年7月、平沢勝栄衆議院議員の「mixi会員懇親会」に出席し、会の冒頭「発案者」として挨拶。(平沢勝栄議員mixi退会事件参照)

長年ネットの日陰で暴れていたトラブルメーカーが日の当たる表の世界に這い出してきた恰好だが、この動向を危惧したのか、10年近く嫌がらせに耐えていた「悪徳商法?マニアックス」の管理人が、とうとう御堂岡を相手取って訴訟を起こした(後述の「民事敗訴」参照)。

また2008年には傷害事件で逮捕・起訴され有罪判決を受けた(後述の「傷害事件」参照)。

 

2007年後半?から作家・北芝健に接近し、イベントの司会をしたりファンサイトを作成するなど密接な関係となっていたが、2009年夏に喧嘩別れ。北芝はライブドアに自らブログを作成して「IT専門家を名乗る男」(御堂岡)の数々の悪行を非難、御堂岡は2ちゃんねるやブログ、ツイッターなどで北芝や北芝の関係者を攻撃する罵りあいが2011年3月まで続いた。(外部サイト、「北芝vs御堂岡 @ ウィキ」参照)

2010年秋、土地建物明渡訴訟の被告となり、2011年3月までの退去、「以後誹謗中傷はしない」等を条件に和解し、建物を退去。(この件も、上記「北芝vs御堂岡 @ ウィキ」を参照)

 

2011年3月、東日本大震災、東電福島第一原発事故を契機に、ツイッターやmixiで放射能「危険派」として大々的な情宣活動を開始。大量コピペや人格攻撃、ルール無視などの問題行動を繰り返している。(2011年9月現在進行中。詳しくは「放射能「危険派」として活動」を参照。)

 

 

民事敗訴 

2008年8月、「悪徳商法?マニアックス」管理人にプライバシー侵害(ネットで個人情報をばらまく嫌がらせ)の件で訴えられて敗訴。控訴したが二審も敗訴(2009年6月)。

御堂岡啓昭による個人情報暴露事件の控訴審のご報告です

 

 

傷害事件

2008年秋、傷害容疑(会社役員の親族通夜に押しかけて役員を殴打)で起訴され、罰金20万円の有罪判決(2009年3月)。二審も敗訴した。(被告は上告したが続報なし。詳細は不明だが上告棄却され有罪判決が確定したものと推測される。)

 

平成21年(西暦2009年)3月26日木曜日午後1時15分から

東京簡易裁判所刑事第2室第1係第534号法廷で

御堂岡啓昭被告人による会社役員襲撃事件の刑事裁判

(平成20年(ろ)第1277号傷害被告事件)の判決公判が開かれ、

武内晃裁判官は佐久間英也検察官の求刑通り

御堂岡啓昭被告人に罰金20万円の実刑判決を言い渡しました。

東京簡易裁判所判決平成21年3月26日(東京簡判平21・3・26)

 

 

解決屋まがい

北澤スレで唐突に「解決金を紀藤弁護士に払え、謝罪しろ」と御堂岡らしいレスがあったけど

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1183387597/171

御堂岡のまとめサイト見てると、

ネクシィーズの時は最初、法律が詳しいという事で、労働者側の代表として交渉してたのに

最後は雇用者側に寝返ったんだよね。(労働組合の設立を留保させて、交渉の一任を任されたそうだ)

御堂岡 ネクシーズ

のま猫の時も、最初は2ちゃんねる側に付いてたのに、法律が詳しいという事で

MAX松浦との交渉に当たってたのに、突如2ちゃん側に反旗を翻したり

のまネコ 御堂岡

 

御堂岡は、騒動に首を突っ込んで、最初は火に油を注いで、パニックになってる人に接近して

「俺に任せてくれたら騒動解決してやる」と民事介入暴力とか解決屋まがいの事してるのかもしれない。

 

荒らしの手口

活動初期から掲示板荒らしの手法はほぼ同じで、複数アカウントや複数ハンドルによる自作自演や成りすまし、連続コピペ貼り付け(同一長文の連投)、攻撃相手の実名・住所・家族・勤務先の暴露連投(ばら撒き)などである。

またネットで暴れるに止まらず、攻撃相手の勤務先へクレーム電話を入れたり押しかけたりなど、リアルでの嫌がらせもする。

 

 

別名・別アカウント(疑惑アカ)

ANSOC時代は「緑川京」、「MICHIKO」、

2003年以降は「INS萌絵子」、「無線萌絵子」、「無線☆ちゃん」、

「御崎の兄」(mixi)、「バトー」(mixi)、

「Alex777」(Wikipedia)、「NyancoSensei」(Wikipedia)、KKH(Wikipedia)、

「requiem7」(はてな)、「beyondows」(はてな)、

等々。

詳しくはハンドル・アカウント参照。

 

 



  •    9月21日みどおかが来ました。(2006-09-22)

     

    なお、のまネコ問題(2005年~2006年)で一時御堂岡の元でバイトしていた人物は「御堂岡はネットオークションで転売をして小遣い稼ぎをするだけでまともな仕事はしていなかった」と2007年にウォッチスレで証言している。

 

 


リンク

本人のブログ

 

本人のツイッター

 

関連リンク集

 

2ch 専門スレ

 

記録・ログ集

 

2ch 過去ログ

 

 

Comments (0)

You don't have permission to comment on this page.